忍者ブログ
ほとんど使えないけれど、ひょっとしたら使えるかもしれないブログ
高回転台を打ち続けてるのに全然勝てない!

高設定台を打ち続けているはずなのに全く勝てない!

ドキっとしたアナタ、雑誌やインターネットに蔓延している攻略情報に騙されていませんか?


パチンコは釘がすべて。

パチスロは設定がすべて。

大当たり当選は完全確率であり、台の流れなど皆無、

裏ロム、ホルコン、遠隔操作なんてオカルトである。

…残念ながら、その通りだと思っている方のほとんどが負け組みです。


考えてみてください。

もしそれが正しかったとすれば、ホールの皆さんはこぞって釘を睨んでいますよね?

出ている台にとにかく食いつきますよね?


そう、理屈が正しくない、理屈通りに実践しても勝てない、

だから適当に「これは出そう」なんて、

ほとんどの人が自分の勘だけを頼りに台を選んでいるのです。


ところで、この事実をあなたはご存知ですか?

現在のパチンコ店の多くが監視カメラを通した「顔認証」システムを採用しており、

どの客がいつ来店したか、どれぐらい勝っているのか、負けているのかを

把握しています。

お店がなぜわざわざ高い金を支払い

そのようなシステムを採用する必要があるのでしょうか?

そんな個人レベルの情報がなくたって、

機種ごと、店全体の収益の情報があれば済む話ですよね?


そう。客1人1人を完全掌握し、店にとっておいしい投資家を作り出す為です!

それ以外考えられませんよね?


さらに、PCによる改造ロムへの遠隔操作はもはや当たり前の時代です。

◎物語シリーズの例では、

メーカーから店舗への仲介業者が介入し、そのほとんどがすでに改造化されているそうです。

パチスロ機など、改造なしで導入されていても、

業者が直接店舗へ営業に訪れるケースもごく普通にあります。


もしあなたが、不況の煽りを例外なく受けているパチンコ店店長ならば、

「絶対バレませんよ」「今なら特別価格でお譲りします」

なんて誘惑があったとしたら、「店を守るために…」なんて考えませんか?

私だったら間違いなく導入します!


…続く。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
忍者ブログ [PR]