忍者ブログ
ほとんど使えないけれど、ひょっとしたら使えるかもしれないブログ
何を隠そうSatoonは現場の派遣社員でーす。

このご時勢、果たして、首チョンパが早いか金融危機の回復が早いのか!?

まあどちらにせよ…転職するしか未来はねぇ!

経験を生かしてエンジニアとしての転職を考えてますが、

その前に
「沖縄とかでグ~タラした~い!!」

とっとデューダするか?沖縄のレオパレスに契約するか?

おそらくこれが人生最大の選択になるであろう(アホ)


という訳で、今回は転職について情報を集めてみました。


☆ 適職に関する本の情報 ☆

年齢の限界

 23歳くらいまでならまだ2、3度の転職は可能。

 25を過ぎたら転職できる機会は1度きりと考えてください。

 企業側の転職者に対する意識に依存するものです。

 私は今26なので、次がラストチャンスでしょう。


選ぶべきは中小企業?


 大企業の安定した職場に、なんて考えているかもしれません。

 けれど、10年前と今と比べて明らかに下火になっている企業がありますね。

 大企業=安定などあり得ない!という事ですね。

 重要なのは10年後大企業に変わるであろう中小企業に転職する事だそうです。


求められている職


 まずは営業職。

 どの求人を探しても営業系は多いです。

 ご存知のように残業代なしや対人関係によるストレスなどが辛い職場ですが、

 逆にそれが乗り越えてこそ本人のチカラになるものです。

 年齢制限がないので、営業から営業への転職は年を食っても強いそうです。

 生命保険の営業で、月200万稼ぎ毎月海外旅行へ出かけているおばちゃんとかいました。


 続いて講師。

 これからはティーチングが重要な時代です。料理?スポーツ?ワード&エクセル?

 いろいろですが、どんな仕事でもいずれは仕事を教える側(他人を管理する)になるため、

 何らかの形で教育をしてました、というのはポイントが高いでしょう。

 ちなみに極端な例ですが、小学生の塾講師など楽の極みだなんて云ってる人もいます。


お勧めしない業界

 まずは自動車業界。

 アメリカの金融問題の影響で大打撃を食らっている自動車業界において、

 今後は海外生産も増え、時代と共により人の手が不必要となるのは目に見えてます。

 果たして10年後、20年後に未来はあるのか…?
 
 移り変わりの激しいIT関係。

 20代のSEが30代、40代になったときもSEを続けていられるのかいささか疑問です。

 というのは次から次へと新しい言語が開発され、今は大丈夫だとしても、

 将来も同じように覚え続ける事は可能なのか?という所です。


☆ 大事なのは ☆

 安定したところがいい、やり甲斐がなかった、これこれが気に入らない、

 ありきたりな仕事を止めた理由ですが、

 理由を自分に向けずに、企業に甘えようとしているのが見え見えです。

 そういう人は、すぐ止めそうだな、と思われてしまうでしょう。

 「敵を知らずに戦を挑む無かれ」

 「人生の半分は上手くいかないと考えよ」

 半分が満足できるなら、半分は我慢で成り立つのでしょう。

拍手[0回]

PR
忍者ブログ [PR]