忍者ブログ
ほとんど使えないけれど、ひょっとしたら使えるかもしれないブログ

仕事で韓国に行ってまいりましたー。

ひょっとしたらあなたは観光地やエステ、格安の食事、
コピーブランド品目当てで韓国旅行を考えているのではないでしょうか?

そんなあなたに私めがこの場を借りて、
韓国旅行をする前の心得を伝授致しましょう!(何様?)


覚えておきたい韓国語

韓国では英語の教育がなく、英語が全く通じません!
ハウマッチやらエクスキューズミーなどで語りかけても、
見事に「?」といった顔で返されます。
途方に暮れるその前に簡単な韓国語を覚えておきましょう。

基本編

「アンニョハセヨー」

ご存知「こんにちは」です。
朝昼晩の挨拶の他、「さようなら」としても使えます。
タクシーを降りた後、会計を済ませた後に一言どうぞ。

「ネー」

はい。の意味。

「アーニョ」

いいえ。の意味。

「イゴ」

これ、という意味。

「~ジュセヨ」

~ください。の意味。敬語として使う。

「コマプスムニダ」「カムサハムニダ」

ありがとうの意味。カムサ~の方が丁寧らしい。

「オルマエヨ」

いくら?の意味。
ペンでジェスチャーして、数字表記で書いてもらいましょう。
韓国ではなぜか値札表示が少ないです。

「ハングンマル モラヨ」

韓国語が分かりません。の意味。
話しかけられた時に。


空港編


アメリカでは「how long stay?」「why USA?」
など税関で聞かれますが、
韓国の空港ではパスポートを手渡すだけです。
日本語の表札などもあり、問題ありません。


ホテル編

韓国では日本語対応しているホテルが多数あります。
ホテル予約の際は確認しておきましょう。


タクシー編


「○○(場所)」
で通じます。
ホテルからならば、ホテルの人に場所をお願いして貰いましょう。
ホテルへ帰る時は、ホテルの名刺を貰っておくと便利です。
ボラれるかもと不安な人もいるかもしれませんが、
メーターがついていますので目を光らせていれば問題ありません。
ちなみに初期料金は「2400ウォン」日本円で200円くらい…安っ。


地下鉄編

発券機ではなんと初期画面で日本語を選ぶことができます。
日本のSUICAのように、カード式の一回使用券の発行する必要があります。(発行1000ウォン)
使用し終わったカードは発券機近くの返却機(?)にて返却しましょう。(500ウォン戻ってきます)


食事編

メニュー指差しで何とかなる・・・と思いきや、
伝票くれってどう云えば!?トイレはどこじゃあ!?
一番トラブルを起こすのが何といっても食事です!

「ヨギヨー」

店員を呼ぶ時に使います。

「メニュデュセヨ」

メニューを下さいの意味。

「ハナ」「トゥゲ」「セゲ」「ネゲ」

左から1個、2個、3個、4個の意味。
メニューを指差して、イゴ、ハナ、デュセヨ(これを1つ下さいな)
とかで大丈夫です。


「ケサンジュセヨー」


会計をお願いしますの意味。
計算=ケサンですので、覚え易いです。


「ファジャンシル オディエヨ?」

トイレはどこですか?の意味。
最もボディランゲージしたくないものですので、
覚えておきたい。


・主に焼肉中に覚えておきたい単語

「メクチュ」=ビール

「チェットリ」=灰皿

「パ」=ご飯


ぶっちゃっけ空港で売ってる韓国語のハンドブックを購入すれば
問題ないでしょう。(爆)

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
忍者ブログ [PR]