忍者ブログ
ほとんど使えないけれど、ひょっとしたら使えるかもしれないブログ
大衆を慰めるような歌を歌ってるアーティストは

偽善だとか傲慢チキだとか一部で批判されている。


彼らは真に誰かの為に歌ってる訳じゃない。

むしろ彼らは誰かの為に歌うことで、過去の自分を慰めているのだ。

何しろ過去の事実ってやつは変えようがない。

それでも過去を輝かしいものにしたいと人は望むものだ。


彼らは決して偉いわけじゃなく、あくまで自分の為に歌っている。

自分のエゴを吐き出すアーティストと、どこにも違いはない。

どちらも真に尊敬する必要はない。

俺たちにできることは、彼らの歌を愛することだけだ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]